Topic Path : Home > MAINTENANCE > 

インジェクションチューニングやります!

当ショップのインジェクションチューニングはTECHNO RESEARCH社のDIRECT LINKでのノーマルコンピューターの書き換えをメインとしてやっております。 

ノーマルコンピューターを使用するメリットは、ハーレー純正の為、信頼性が高く、初期不良が出づらい、HDディーラーの点検整備が受けやすい、アイドリングは800回転以下(最高600回転)に設定できる、社外コンピューターに比べて総費用が安い事などがあります。

 

 またオートバイのマフラー・エアクリーナーのメーカー・タイプ、排気量、ハイカムの有無、お客様の乗り方、オートバイの個体差にあわせて一台、一台チューニングして行きます。

 

 

巷のよくあるデジタルデータを入れる

だけのチューニングとは違います。

 

 

 チューニングの方法としては、一般道での定速走行やゴー&ストップ、高速道路での高速域や急加速・急減速、丘陵地でのアップ・ダウンを実際に走行し、走行中にスキャンした膨大なデータを基にチューニングをしていきます。

チューニングを始める前に一度車両を確認させて頂きます。

インジェクションモデルの車両とは言え、内燃機関の状態が良いのが前提なのでプラグの汚れ、2次エアー、エアクリーナーの汚れ、各センサー類の不具合が無いか等おおまかなチェックをしてからのチューニングとなります。

アイドリング回転数を下げたり三拍子を実現すると充電の問題が気になると思います。これは電気の充電量と消費量のバランスの問題ですので、アイドリングを下げれば下げるほど、充電量は少なくなり工夫が必要となります。(例:ヘッドライトやテールランプ、灯火類のLED化等)

または普段からのバッテリーの充電などが必要です。

 

ご不明な点やご質問はお気軽にお問い合わせください。

 

カテゴリー

ページTOPへ