Topic Path : Home > STAFF BLOG > STAFF BLOG : 一覧 > 

2013年02月

XLCR クラッチ修理

久々のブログです! 日々、色々な作業があるのですが、久しぶりにXLCRが入庫してきたので修理風景でもアップしてみました。 要望はクラッチが滑るのと、調子を見て必要があれば、手を入れて欲しい。というものです。 まず、試乗してみましたが、クラッチ滑りすぎ!!前に進むのがやっとです。 よくお客さんはここまで乗ってこれたと感心してしまいました。 調子を見るのもまずクラッチを直してからですね。

プライマリーカバーを外し、写真の様な専用ツールでクラッチを分解します。

 

せっかく交換するので面積のより多いフリクションディスクに新品スチールディスクのアッシー交換しました。

新品フリクションディスクは組む前にオイルに十分浸しておく必要があります。

ついでにスプリング、カラー、等も状態を確認。

クラッチレリーズランプ、チェーンテンショナー、コンペンセーター等 も点検しつつ、古いガスケットとシリコンをバッチリ剥がし、カバーして調整。オイル注入。

おかげで、よく走るようになりました。 

高年式車のチェーンドライブ化

カスタムスポーツスターの車検を取得するのに、チェーンドライブ仕様でいくので、動力伝達装置の変更届けが必要になります。

チェーンメーカーより強度証明をもらい、その強度、スプロケット径、等を計算式に当てはめて、ベルトと同程度の強度を満たしているかを証明すればOKです。 

事前に書類を陸運局に提出してOKが出れば持ち込みです。 

さあ、これで納車までもう少しだ! 

1971 Sportster 900 カスタム

スポーツスター900のフルカスタム車両が 一応かたちになりました!

後は登録を済まし、初期慣らしと調整セッティングで納車となります。

Sさま大変お待たせしてます。もう少しですよ!!

 

 

”Likebox”(Facebook)を設置しました!

BlackChromeBikeWorksの”Facebookページ”の充実を図りつつ、ホームページとも連携するように

”Likebox”を設置してみました。

これでもっと見に来てもらえると嬉しいです。

それぞれ、内容も充実させていきますよ!

皆さん いいね! おねがいしますね~ 

この4速EVOはベースはFXWGなのですがフロントがナローフォーク化されていて、S&Sのキットでボアアップされています。

お客さんのご要望は街乗りを犠牲にせずに、高速での快適化を図りたいということでした。

ギア比での調整はすでにやってあった為、さらにステップアップということで、ミッション交換を行いました。

この年式に対応する5速キットで良い物がなかったので、リベラ製の6速&オープンKITを使用しました。

 

このキットの最大のメリットは、1次ドライブ側のオープンキットと6速ミッション本体とハイトルクスターターが一緒に交換なので、この年式前後でよくある互換性の心配がありません。

また、オールポリッシュ&クロームなので見た目も良いです!

 但し、オイルタンク、ステップボード等、取り付け位置に工夫は必要でしたが。

 

一緒に、前後ホイールをスポーツスター用の純正キャストに!

マフラーはツインカム用のサンダーヘッダーに交換!

 

ハイトルクスターターのおかげでエンジンのかかりもスムーズだし、発進時のフィーリングや街乗りでのトルク感を生かしたまま、高速道での快適性がうんと向上しました!!

オープンドライブもカッコイイです!! 

| STAFF BLOG : 一覧 |

カテゴリー

STAFF BLOG : 月別

ページTOPへ